http://doryoku.org
info@doryoku.org
SKY TICEKT LIST

格安飛行機を予約する方法はたくさんあります

価格差が激しい飛行機チケット

公共での移動手段のなかで、飛行機はもっとも価格差の激しい移動手段となっています。
たとえば、ひとつの目的地へ行くためのチケットが通常価格で20000円と設定されている一方で、予約をする時期や方法によって半額以下におさえることができるため、多くの人がいろいろな手段を利用してできるだけ運賃を安くして搭乗する努力をしています。

格安飛行機を予約する方法として、まず早期にチケットを購入するという手段があります。 大手航空会社の場合通常料金は高いものの、旅割や早割といった一か月前、あるいは二か月前に事前にチケットを購入した場合は最大50パーセントから75パーセントの割引特典を受けることができます。 旅行をする日にちが確定している場合は、この早割を利用しましょう。

一方で、出発直前のチケットを購入するという手段もあります。 航空会社としてはできるだけひとつの便に空席を空けたくないため、出発日時の3日前から前日あたりに余った席のチケット料金を大幅に値下げします。 その航空券を狙ってみるというのも安く済ませるためのひとつの手段といえるでしょう。 ただしゴールデンウィークや夏期休暇の時期、そして年末年始は直前に余る航空券が非常に少なくなるため注意しましょう。

アプリやスマホで航空券検索

昨今普及しているスマートフォンやタブレットでも閲覧することができる格安航空券検索アプリやインターネットサイトを利用するのも良いでしょう。 航空券を安く販売しているサイトへアクセスすることで、目的地への運賃の相場を把握できるというメリットもあります。 アプリの場合は目的地の運賃が更新されたときに通知してくれる機能がついていたりするため、すぐに安価な航空券をチェックまたは購入することができます。 安価な航空券検索アプリやサイトは海外航空券が多い反面、国内航空券は海外よりは値崩れしにくいため表示されている率が少ないという特徴があります。

旅行代理店などが提供しているフリープランを選択するというのもひとつの方法です。 航空券と現地での宿泊施設がセットになっている一方でオプショナルツアーなどは組まれていないという特徴があります。 目的地で宿泊する場合はフリープランを選んだ方が結果的に安く済んだというケースも多くあります。 また、強制的なオプショナルツアーが組まれていないため現地での行動は自由というメリットもあります。
格安飛行機を予約する時には、自分の状況にできるだけあった手段で行うようにしましょう。

Read More »

格安に飛行機に乗りたいなら早期予約をしてください

早期予約をして旅行の計画を万全に

格安に飛行機に乗りたいのなら早期予約をすることが第一です。最近では新幹線やホテルなどでも、利用日直前になって決済をするのではなく、前もって決済をすることで通常の料金からの割引を受けられるということが多くなってきていますが、航空機の場合はそれが顕著になっています。

例えば、2ヵ月程度前に購入すると、通常よりも7割引とかそれ以上の割引率になることもあります。ただし、このような航空券は一旦購入すると、指定したそのフライト以外には原則として乗れなくなることが多いですから注意が必要です。

通常の航空券は、たとえ券面には便名や座席が指定されていたとしても、予定が変わったときには比較的自由に変更が可能です。例えば出発日を1日早めたいとか遅らせたいというときや、目的地での滞在期間を延長して帰りの便は1日遅らせたいとか、逆に現地での用事が思いがけず早く片付いたので帰りの便を1本早いものにしたいなどということができるのです。

変更やキャンセルには手数料がかかるので注意

しかし、格安航空券のほとんどはこのような変更には相当の手数料がかかったり、あるいは事実上変更が不可能なものもあります。手数料も数百円レベルのものではなく、航空券代金の半額相当などというように、どうみても手軽に変更することができないようなものになっています。ですから、このような航空券を購入するときは、確実にその便に乗れるということをはっきりさせてから購入する必要があるでしょう。

ちなみに、では飛行機の予約だけ早期にしておいて、決済というか購入はぎりぎりまで遅らせればよいのではないかと思われるかもしれませんが、残念ながらそうはいきません。購入期限というものが決められていて、その期限までに購入しないと自動的に白紙状態に戻るような仕組みが導入されているからです。ですから、2ヵ月前にフライトを押さえるだけ押さえておいて、フライト当日に空港に行ってそこで初めて購入しようなどと計画してもそれはできません。はるか昔の時代はそういうことが可能であったときもありますが、今では不可能なのです。

ただし、ここで挙げた2ヵ月前というのはあくまで一つの例です。航空会社によっても差がありますが、割引率は段階的に低くなるものの、よりフライト当日に近い期日であってもそれなりの割引率で購入できる航空券というものが用意されていることが多いです。ですから、なかなか予定が決まらないような人は、そのような航空券を利用することがよいでしょう。

Read More »

飛行機に格安に乗るために~予約のタイミングはいつがいい?

予約のタイミングについて

飛行機に格安に乗るために予約のタイミングはいつがいいかという話ですが、これはなかなか手ごわい質問です。
少し前までならば、それはできるだけ早いほうがよいですというのが唯一の答えだったかもしれません。そして、今でもこの答えは別に大きく間違っている訳でもありません。多くの航空会社は、早期に予約し発券することで正規運賃よりもかなり格安になる航空券を発売しています。その名称は航空会社により様々ですが、早割とか特割などと呼ばれている運賃種別がそれです。
このような運賃であれば、路線やシーズンにもよりますが、場合によっては正規運賃の7割引とか8割引などといった値段になっていることもあります。まあ、その分だけ正規運賃が高すぎると言ってしまえば話はそれまでなのですが、少なくとも値段だけを見れば十分に安い運賃ということができます。

航空会社としては、多少正規運賃よりも安く販売したとしても、早期に座席を埋めるほうが安心できるという面があります。
飛行機というのはたとえ乗客1人であっても、あるいはもっと極端に0人であっても基本的には飛ばすことになります。
人数が少ないからと言って欠航させては、その乗客はどうなるのかということになりますし、復路便も併せて欠航させるようなことになってしまい、機材のやりくりという関係もありますから、これは致し方ありません。
そうなると、空席のまま飛ばすよりは、多少安くてもよいからとにかく座席を埋めたほうが経済的にも得をするという理屈です。

早割をお得に利用

この手の航空券であれば、最初の答えはまさにそのまま当てはまります。大枠では早割や特割という運賃種別ではあっても、中身としては例えば30日前に発券するよりは50日前に発券するほうがより安く、50日前に発券するよりは70日前に発券するほうがより安いというようになっているからです。

ですから、タイミング的にはより早く行うほうがよいということになります。原則的に、後になってからのほうがお得になるということはありません。
しかし、昨今ではこれが常に当てはまる航空券ばかりではなくなってきています。とくに、格安航空会社、LCCと呼ばれる航空会社では、必ずしも早期に発券するからより安いとは限らなくなってきています。フライト当日までの日数とか、現時点での座席の埋まり具合などを勘案して、運賃を日々変動させていることがあるからです。
こうなると何が最安値かは言えません。見つけたそのタイミングが予約のチャンスだということにもなります。

Read More »

格安で飛行機に乗るのなら予約サイトは比較する

近年では格安航空会社が普及してきたため、低価格で飛行機に搭乗することができるようになりました。
このような飛行機を利用するためには予約サイトを使うのがベターと言えるでしょう。
ここではそのようなものについて紹介します。初めに国内のものから取り上げましょう。

H.I.S

こちらには航空券のみのプランはもちろん、航空券+ホテルのものやホテルのみのものなど、様々な商品が他者を圧倒するような低価格で提供されています。
特に便利な点についてですが、前後3日間で最安値の比較検討ができるというものがあります。
大まかな日取りを決めた後は、こちらで料金などを参考にしながら細かい日程を決めるということも可能です。
また燃油サーチャージ代込みの正確な値段が掲載されているというのも、価格の比較を行いやすい理由の一つとなっています。

ena

こちらは自動販売機と呼ばれるくらい、わかりやすく様々な種類の航空チケットを格安で購入することができます。
また支払い方法の選択肢が多いのもこちらを利用するメリットです。
さらに年間航空券価格の動きが一目でわかる「各路線別相場チャート」というサービスもあり、どの時期の航空券が格安で利用できるのかを簡単に調べることができます。
他者サイトにはない各社の一覧もあるので、他の代理店と合わせて比較するのが良いでしょう。また国内・海外を問わず様々な空港のガイドや、海外のイベント一覧なども見られるため航空券予約以外のサービスも多いのが特徴です。
さらに航空券とホテル同時予約でお買い得になるセット割というシステムもあります。
また海外にも便利なサイトがたくさんあります。

skyscanner

skyscannerは海外で非常に高い人気を誇っています。
既存のルートだけでなくさらにお求めしやすい内容を表示してくれます
このような場合に注意すべきことは、トランジットが面倒なルートがよく選択肢に引っかかってしまいやすいということです。
しかし検索結果と日程表をすぐに印刷することができるのも、こちらの良い点です。
一方で料金を支払う際には英語を理解する必要が出てくることが多いのが難点と言えるでしょう。
ですがそれほど難しい文法を使っているわけではありませんから、初級程度の英語能力があれば簡単に扱えるようにはなっています。
また円表示をその段階でのレートで表示しているので、値段の切り替わりがよくわかるというメリットもあります。

Read More »

格安の飛行機を見つけたら即時予約がおすすめです

航空券は自分で予約するのがベスト

海外へ行くことが特別なことではなくなった今、週末などの思い立った時に海外旅行へ気軽に行くことができるようになりました。自由度の高いパッケージツアーなども増えていますが、個人旅行でおすすめなのが自分で飛行機のチケットを用意して行く海外旅行です。

行きたい場所も日数も思いのまま、泊まりたいホテルや滞在方法も自分で選ぶことができます。例えば、友人を訪ねて海外へ行くなど、飛行機のチケットさえあればいいという時もあります。そんな時に格安航空券がお得です。格安航空券とは、正規の価格よりもずっと割引されたチケットで、インターネットなどからチケットサイトを通して予約することができます。格安海外航空券などで検索すると多くのチケット販売サイトが出てきます。

中でも様々なサイトから価格の比較をしてくれるサイトを経由すると、今一番安い価格がわかるので便利です。
チケットの値段は刻々と変動していきますので買うタイミングが難しいのですが、一般的に航空券は早ければ早いほど安いといわれています。また、底値に近づけば売り切れてしまう可能性が高くなります。残席1、残席2などの表示がされているチケットは少なくなってるのでで即時購入が鉄則です。
また、時期によっても大きく価格が変わるのが海外旅行の難しいところです。普通、夏休みの8月と年末年始の時期が最も高く、2月と11月が最も安くなります。渡航の時期がいずれかにかかっている場合は要注意です。また、曜日によっても価格は違います。

ビザやその他情報収集が大事

便によっては就航していないということもありますが、同じ目的地へ行く場合でも、たくさんのルートがある場合所要時間や乗り換え回数のチェックを忘れないようにしましょう。
安いチケットは多くの乗り換えを要するものだったり、乗り換え時の待ち時間が長いものなどがあります。
複数の航空会社をまたぐものなどはチケットの発券が最初の便のものまでしか出ないため乗り換え時にチケットカウンターに行かなければいけない、荷物をいったん受け取らなければいけない、などのワンアクションが必要な場合があります。旅慣れていない人は安いからといってそういったチケットを選ばないようにしたほうが無難です。
聞いたこともないような空港を経由するものにも注意してください。

ビザが必要であったり、小さな空港で不安な気持ちになったりますので、珍しい場所へ旅行に行く場合はよく下調べをしておきましょう。これらのチェックをしたうえで、安い飛行機のチケットを見つけたら、売り切れる前に即時購入をしましょう。

Read More »