格安に飛行機に乗りたいなら早期予約をしてください

早期予約をして旅行の計画を万全に

格安に飛行機に乗りたいのなら早期予約をすることが第一です。最近では新幹線やホテルなどでも、利用日直前になって決済をするのではなく、前もって決済をすることで通常の料金からの割引を受けられるということが多くなってきていますが、航空機の場合はそれが顕著になっています。

例えば、2ヵ月程度前に購入すると、通常よりも7割引とかそれ以上の割引率になることもあります。ただし、このような航空券は一旦購入すると、指定したそのフライト以外には原則として乗れなくなることが多いですから注意が必要です。

通常の航空券は、たとえ券面には便名や座席が指定されていたとしても、予定が変わったときには比較的自由に変更が可能です。例えば出発日を1日早めたいとか遅らせたいというときや、目的地での滞在期間を延長して帰りの便は1日遅らせたいとか、逆に現地での用事が思いがけず早く片付いたので帰りの便を1本早いものにしたいなどということができるのです。

変更やキャンセルには手数料がかかるので注意

しかし、格安航空券のほとんどはこのような変更には相当の手数料がかかったり、あるいは事実上変更が不可能なものもあります。手数料も数百円レベルのものではなく、航空券代金の半額相当などというように、どうみても手軽に変更することができないようなものになっています。ですから、このような航空券を購入するときは、確実にその便に乗れるということをはっきりさせてから購入する必要があるでしょう。

ちなみに、では飛行機の予約だけ早期にしておいて、決済というか購入はぎりぎりまで遅らせればよいのではないかと思われるかもしれませんが、残念ながらそうはいきません。購入期限というものが決められていて、その期限までに購入しないと自動的に白紙状態に戻るような仕組みが導入されているからです。ですから、2ヵ月前にフライトを押さえるだけ押さえておいて、フライト当日に空港に行ってそこで初めて購入しようなどと計画してもそれはできません。はるか昔の時代はそういうことが可能であったときもありますが、今では不可能なのです。

ただし、ここで挙げた2ヵ月前というのはあくまで一つの例です。航空会社によっても差がありますが、割引率は段階的に低くなるものの、よりフライト当日に近い期日であってもそれなりの割引率で購入できる航空券というものが用意されていることが多いです。ですから、なかなか予定が決まらないような人は、そのような航空券を利用することがよいでしょう。

Follow me!