飛行機に格安に乗るために~予約のタイミングはいつがいい?

予約のタイミングについて

飛行機に格安に乗るために予約のタイミングはいつがいいかという話ですが、これはなかなか手ごわい質問です。
少し前までならば、それはできるだけ早いほうがよいですというのが唯一の答えだったかもしれません。そして、今でもこの答えは別に大きく間違っている訳でもありません。多くの航空会社は、早期に予約し発券することで正規運賃よりもかなり格安になる航空券を発売しています。その名称は航空会社により様々ですが、早割とか特割などと呼ばれている運賃種別がそれです。
このような運賃であれば、路線やシーズンにもよりますが、場合によっては正規運賃の7割引とか8割引などといった値段になっていることもあります。まあ、その分だけ正規運賃が高すぎると言ってしまえば話はそれまでなのですが、少なくとも値段だけを見れば十分に安い運賃ということができます。

航空会社としては、多少正規運賃よりも安く販売したとしても、早期に座席を埋めるほうが安心できるという面があります。
飛行機というのはたとえ乗客1人であっても、あるいはもっと極端に0人であっても基本的には飛ばすことになります。
人数が少ないからと言って欠航させては、その乗客はどうなるのかということになりますし、復路便も併せて欠航させるようなことになってしまい、機材のやりくりという関係もありますから、これは致し方ありません。
そうなると、空席のまま飛ばすよりは、多少安くてもよいからとにかく座席を埋めたほうが経済的にも得をするという理屈です。

早割をお得に利用

この手の航空券であれば、最初の答えはまさにそのまま当てはまります。大枠では早割や特割という運賃種別ではあっても、中身としては例えば30日前に発券するよりは50日前に発券するほうがより安く、50日前に発券するよりは70日前に発券するほうがより安いというようになっているからです。

ですから、タイミング的にはより早く行うほうがよいということになります。原則的に、後になってからのほうがお得になるということはありません。
しかし、昨今ではこれが常に当てはまる航空券ばかりではなくなってきています。とくに、格安航空会社、LCCと呼ばれる航空会社では、必ずしも早期に発券するからより安いとは限らなくなってきています。フライト当日までの日数とか、現時点での座席の埋まり具合などを勘案して、運賃を日々変動させていることがあるからです。
こうなると何が最安値かは言えません。見つけたそのタイミングが予約のチャンスだということにもなります。

Follow me!