格安飛行機を予約する方法はたくさんあります

価格差が激しい飛行機チケット

公共での移動手段のなかで、飛行機はもっとも価格差の激しい移動手段となっています。
たとえば、ひとつの目的地へ行くためのチケットが通常価格で20000円と設定されている一方で、予約をする時期や方法によって半額以下におさえることができるため、多くの人がいろいろな手段を利用してできるだけ運賃を安くして搭乗する努力をしています。

格安飛行機を予約する方法として、まず早期にチケットを購入するという手段があります。 大手航空会社の場合通常料金は高いものの、旅割や早割といった一か月前、あるいは二か月前に事前にチケットを購入した場合は最大50パーセントから75パーセントの割引特典を受けることができます。 旅行をする日にちが確定している場合は、この早割を利用しましょう。

一方で、出発直前のチケットを購入するという手段もあります。 航空会社としてはできるだけひとつの便に空席を空けたくないため、出発日時の3日前から前日あたりに余った席のチケット料金を大幅に値下げします。 その航空券を狙ってみるというのも安く済ませるためのひとつの手段といえるでしょう。 ただしゴールデンウィークや夏期休暇の時期、そして年末年始は直前に余る航空券が非常に少なくなるため注意しましょう。

アプリやスマホで航空券検索

昨今普及しているスマートフォンやタブレットでも閲覧することができる格安航空券検索アプリやインターネットサイトを利用するのも良いでしょう。 航空券を安く販売しているサイトへアクセスすることで、目的地への運賃の相場を把握できるというメリットもあります。 アプリの場合は目的地の運賃が更新されたときに通知してくれる機能がついていたりするため、すぐに安価な航空券をチェックまたは購入することができます。 安価な航空券検索アプリやサイトは海外航空券が多い反面、国内航空券は海外よりは値崩れしにくいため表示されている率が少ないという特徴があります。

旅行代理店などが提供しているフリープランを選択するというのもひとつの方法です。 航空券と現地での宿泊施設がセットになっている一方でオプショナルツアーなどは組まれていないという特徴があります。 目的地で宿泊する場合はフリープランを選んだ方が結果的に安く済んだというケースも多くあります。 また、強制的なオプショナルツアーが組まれていないため現地での行動は自由というメリットもあります。
格安飛行機を予約する時には、自分の状況にできるだけあった手段で行うようにしましょう。

Follow me!